野生鳥獣被害対策マニュアル改訂版 鳥類編

  • HOME »
  • 野生鳥獣被害対策マニュアル改訂版 鳥類編

鳥類被害対策マニュアル

野生鳥獣による被害額は、近年約200億円前後で推移しており、平成26年度は191億円となっている。

さらに被害によって農業者の営農意欲が減退するなど、被害金額として数字に表れる以上に深刻な影響を及ぼしていると考えられる。

本マニュアルは、平成20年3月に野生鳥獣被害防止マニュアルシリーズのひとつとして発行された『野生鳥獣被害防止マニュアルー鳥類編ー』を改訂するものであり、旧『マニュアル』の発行から約10年の間に新たに開発された防除技術、最新のデータや取り組み事例を追加した。

本マニュアルが地域の鳥獣被害対策実施隊隊員、市町村職員、地域のリーダーなど被害対策に携わる方々に広く活用され、鳥類による農作物被害のより一層の軽減に繋がることを心から期待している。

平成29年3月
『野生鳥獣被害防止マニュアル改訂版ー鳥類編ー』企画編集委員会

(農林水産省平成28年度鳥獣被害対策基盤支援事業 地域リーダー育成研修事業)

 

PDFとEPUB3形式でご利用いただけます

PAGETOP
Copyright © 鳥獣被害対策情報 All Rights Reserved.