■開催日

平成 30 年11月29日(木) 10:30〜16:00(※受付10:00〜)

■開催場所

8長谷ビル 8B
600-8413 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1

■研修内容

時間 講師
10:00〜 受付開始
10:30〜12:00 鈴木克哉氏NPO法人 里地里山問題研究所) 「鳥獣被害対策を効果的に進めるための行政の役割」(仮)
(計画作成・支援のための基本的な考え方 等)
12:00〜13:00 休憩
13:00〜14:00 荒堀正生氏(京都府丹後広域振興局) 「丹後広域振興局エリアにおける鳥獣被害対策の活動状況について」(仮)
(優良事例の紹介)
14:00〜15:30 古谷益朗氏(埼玉県農業技術研究センター) 「アライグマ・ハクビシン等の中型獣から農作物を守るための知識と進め方」
(鳥獣の行動・生態と効果的な対策手法 等)
15:30〜16:00 質疑応答

 

■講師紹介

鈴木克哉(すずき・かつや)
NPO法人 里地里山問題研究所 代表理事
専門分野:集落支援プログラム、都市人材を活用した獣害対策推進及び地域活性化
農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー

荒堀正生(あらほり・まさお)
京都府丹後広域振興局 農林商工部 企画調整室 地域戦略担当

古谷益朗(ふるや・ますお)
埼玉県農業技術研究センター
専門分野:対策全般、ハクビシン、アライグマ
著書『ハクビシン・アライグマ おもしろ生態とかしこい防ぎ方』(農文協)

■受講料

無料(会場までの旅費交通費、駐車場料金等は各自ご負担ください)
※当日の配付資料は、参加者のみとなります。郵送などは対応できませんのでご了承ください。

■持ち物

筆記用具、名刺(名札として使用します)