株式会社農文協プロダクションでは、農林水産省の「平成30年度鳥獣被害対策基盤支援事業」の下、鳥獣被害対策の関係者皆様で情報共有できるよう、全国各地で実績を上げている先進事例を選出して調査を実施することとしております。
この調査実施に際し、皆様が詳細を知りたいと考えている先進事例の実施先を調査対象の候補として募集いたします。
関係者の皆様におかれては、今後の鳥獣被害対策の一層の推進が図られるよう、調査を希望される事例について下記のテーマなどを参考に、幅広くご応募頂きますようお願い申し上げます。

1.被害対策手法に関する調査の実施について

(1) 調査時期:平成30年8月以降
(2) 調査実施数:全国4カ所の事例
(3) 調査対象の選定:募集した調査対象の候補について、検討委員会にて審査・選定

2.調査テーマ

(1) 被害対策における優良事例(鳥獣被害対策優良活動表彰を受賞した事例など)
(2) 若い狩猟者や女性狩猟者等を育成し、捕獲技術等を伝承している事例
(3) ドローンやICTを活用した新技術の取組事例
(4) その他(上記(1)〜(3)のテーマ以外の取組事例につきましても、幅広くご応募願います。)

3.調査対象の募集概要

鳥獣被害対策に関して実績を上げている、またはこれからの成果が期待できる取組事例であれば、自薦・他薦は問いません。
調査を希望される事例のほか、皆様自身の取組を取材・公表してほしいという場合もご応募していただけます。

4.調査対象の応募方法

調査対象の応募は、下記URLにアクセスいただき、必要事項をご記入のうえ、「送信」をクリックしてお送りください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd3QS_orHjA9wU_zpYB6Ay0c527JydzCItK8clk1Ht0jFgIqA/viewform?usp=sf_link

注)上記フォームにアクセスできない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください様式をお送りいたします。

5.調査対象の応募締め切り

平成30年7月24日(火)

6.応募に当たっての留意事項

ご応募いただく際の留意事項は以下の2点です。

  • 情報提供に際し、提供者の個人名などは公開しませんのでご安心ください。
  • 応募いただいた調査対象の候補は、検討委員会における審査・選定を経て、最終的に決定いたします。全ての候補について調査することを確約するものではありません。