イノシシを獲る

イノシシを獲る

猟師の高齢化や縄張り意識でイノシシの捕獲がはかどらない状況下、被害の当事者(農家)による捕獲が広がっている。箱ワナや囲いワナ、脚くくりワナは銃猟(猟犬)よりも低コスト省力的な、誰にでも取り組める捕獲法。しかし、不適切な捕獲は取り逃がしを増やす(捕獲効率を下げる)だけでなく、餌付け(耕地・集落への誘引・定着)を促し、かえって農作物被害を増やしてしまう。失敗しない捕獲法から食肉加工施設の運営まで解説。

honya_banner